フィンジア

どっちを選ぶ?フィンジアとリアップx5にはこんな違いがあった!

スカルプケア商品の中で人気の高いフィンジアとリアップ。どちらを使うか迷っている方も多いのでは?

それぞれのメリットとデメリットを暴露していくから最後まで読んでくださいね!

一応、どちらも経験済。

フィンジアとリアップってどこがどう違う!?

フィンジアとリアップは薬機法の分類がちがう!

薄毛改善を目的とした商品には、発毛剤、育毛剤、養毛剤があります。

新たに髪が生えるという効果を明言できるのは、発毛剤のみ。

育毛剤は、弱った毛髪を健康に育てる効果があり、養毛剤は髪に栄養を与え現状を維持していくことが目的なので、発毛効果を謳うことはできません。

これらは配合されている成分や濃度によって、医薬品、医薬部外品、化粧品に分類されます。

分類の規定については、薬機法に定められており、治療目的の薬として厚生労働省が効果を認めているのが医薬品。リアップは医薬品になります。

一方、配合されている成分の効果が認められていない場合は、化粧品に分類されます。フィンジアは化粧品扱いです。

フィンジアが化粧品に分類されているのはなぜ?

フィンジアが化粧品に分類されているのは、なぜなのでしょうか。

薬機法に規定されている「化粧品」は、医薬部外品に比べて配合できる成分や濃度の基準が緩やか。

使用が禁止あるいは制限されたもの以外、メーカー側の責任で自由に使うことができ、濃度の制限もありません。

フィンジアの主成分であるキャピキシルは、臨床試験によって効果が確認されているものの、医薬部外品には含まれていません。

そのため、フィンジアは化粧品に分類されているのです。

医薬品のように発毛効果を宣伝することはできませんが、フィンジアにとってキャピキシルの配合こそが重要だったと言えそうです。

リアップが医薬品に分類されているのはなぜ?

リアップは、発毛効果が認められている医薬品です。国内では唯一、リアップだけが発毛剤と表記できます。

リアップに配合されているミノキシジルは、日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインで、「強く推奨する」Aランクというお墨付き。

一般用医薬品のため、処方箋がいらずドラッグストアや薬局などで購入することが可能ですが、情報のやりとりができる薬剤師が常駐している店舗でのみ販売が許可されています。

選ばれている理由はこれだった!~フィンジア編

フィンジアってメリットがたくさん

まずは、フィンジアのメリットについて。

実力派化粧品と称されるだけあって、魅力的な商品のようです。

実証試験済だから信頼できる

薬機法上、フィンジアが化粧品に分類されていることはお話しましたよね。

しかし、フィンジアは、主成分において医薬品に類似した実証試験を行っているんです。

キャピキシルの例を挙げてみましょう。

キャピキシルは、フィンジアの主成分。このキャピキシルの髪の成長活性化率をミノキシジルと比較したところ、なんと3倍という結果が出たそう。

さらに、もう一つの主成分であるピディオキシジルについては、マウスを使った実験でミノキシジルとほぼ同様の育毛力が示されたとのこと。生えた毛の重さで比較しても、大きな差は無かったそうです。

以上は海外での実験ですが、国内においてもフィンジアの販売元であるユーピーエスと日本薬科大学が共同で実証実験を行っています。

この実験では、髪の密度の変化の推移が10%以上も向上していることがわかります。

また、毛径、硬毛比率、毛穴本数の変化率などに関するデータや実際の画像、被験者の意見なども公開されているので、効果を客観的に判断することができます。

フィンジアだけのゲートアクセス理論がすごい!

フィンジアには、トウガラシの辛味成分であるカプサイシンが配合されています。

育毛に辛味?と疑問に思われるかもしれませんが、辛いものを食べた時に汗が出る作用を取り入れているんです。

発汗作用で毛穴を開いた状態にもっていき、育毛に重要な成分を浸透しやすくするのが、フィンジア独自のゲートアクセス理論。

毛根にしっかり浸透するコンディションをカプサイシンが作ってくれるというわけです。

脱毛を防ぐDHT抑制成分がすごい!

フィンジアに含まれているビカニオンAはDHTの生成を抑制する成分として知られていますが、フィンジアの中のDHT抑制成分はこれだけではないんです。

DHTは男性ホルモンが酵素の5αリダクターゼと結びついて作られます。フィンジアは、ヒオウギエキスを配合し、5αリダクターゼを抑えているのです。

ヒオウギに多く含まれているイソフラボンが、このDHT抑制作用を発揮。脱毛を減らすためにしっかり頑張ってくれています。

フィンジアは副作用の心配がほぼゼロ!

フィンジアが選ばれるもうひとつの理由。それは副作用の可能性が低いから

フィンジアに配合されている成分は、基本的に副作用が起こりません。

人によって植物エキスやアルコールに対するアレルギー反応が出る場合もありますが、極めてまれ。

効果はあっても副作用はほぼゼロという理想的なスカルプケア商品と言えますね。

安心の全額返金保証制度もフィンジアの利点

フィンジアを使用していて体に合わなかったら・・・。せっかく購入したのにもったいないですよね。

でも、フィンジアには全額返金保証制度が用意されているので安心。

「商品到着後30日以内に申請する」「返品前に必ず電話で申請する」など、いくつかの規定はありますが、手続きはいたってシンプル。

フィンジアは気軽に試せる価格設定ではないため、購入をためらう方も多いはず。でも、返金制度が用意されていれば、チャレンジ意欲が湧いてきますよね。

フィンジアにも「少しだけ」デメリットはあります

メリットだらけのフィンジアですが、実は少しだけデメリットがあります。

リアップに比べて結構お高い!

フィンジアは購入方法によって値段が変わります。

単品で買う場合は、13,440円。ちょっとためらう金額ですね。

3本まとめて買えば、1本あたり11,600円 になりますので、かなりお得。

また、1本定期コースであれば、9,980円 。3本セット定期コースでは、1本当り8,967円 と単品に比べて、4000円以上も安く購入することができます。

しかし、定価7,611円のリアップに比べると、やっぱり高額。リアップの場合、市販されているので、定価より安く買える場合もありますから、リアップをお得に感じる方は多いでしょう。

なぜフィンジアは高いのでしょうか。

実は、フィンジアの2つの主成分は海外製。そのため、仕入れ価格が高く、どうしても単価が上がってしまうのです。

ネットでしか買えないのもネック!

フィンジアは、ネットだけの限定販売。そのため、注文してから手元に届くまでに時間がかかります。

販売側からすれば、コストダウンなどのメリットがありますが、購入する側にとってはデメリットに感じてしまう場合もあるでしょう。

選ばれている理由はこれだった!~リアップ編

TVCMで頻繁に目にするリアップ(ミノキシジル)は、日本で唯一の発毛薬。そのメリットとデメリットを見ていきましょう。

さすが医薬品!リアップのメリット

長年、発毛剤のトップシェアに君臨しているリアップ。選ばれているわけは、一体何なのでしょうか。

発毛効果が臨床試験で実証されている

リアップを販売している大正製薬は、リアップに関して大規模かつ長期間の臨床試験を実施しています。

1年かけてリアップを使用し、4週間ごとに改善状況を表したデータでは、

現状維持を含めて98%の人に効果が出たと認められました。

データは、リアップ公式サイトに掲載されており、誰でも閲覧することができます。判定は医師が行い、写真も添付されていますので、客観的で信頼できる結果と言えるでしょう。

ミノキシジルは日本皮膚科学会が強く推奨

リアップの主成分であるミノキシジル。

日本皮膚科学会はAGA(男性型脱毛症)の治療ガイドラインにおいて、このミノキシジルの推奨度を最高位であるAランクと評価しています。

Aランクとして認められるということは、この成分による治療を行うよう強く勧めるという意味。

専門家によって様々な検証が行われ、その有効性が確認できたというお墨付きなのです。

リアップにとって最大のセールスポイントといえますね。

知名度が高いので安心できる

コマーシャルの効果で、知名度抜群のリアップ。

大正製薬の製品ということもあり、安心して使えるというイメージは大きいでしょう。

大手企業のブランド力と広告効果で、スカルプケアの定番という地位を確立しています。

リアップは欲しい時にすぐ手に入る

リアップは第1類医薬品。薬剤師が常駐しているドラッグストアや薬局で購入できます。

処方箋はいりませんので、気軽に始められるのがメリット。使用方法や副作用などについて薬剤師に相談できる点も安心ですね。

信頼度の高いリアップでもデメリットはあります

スカルプケアの強い味方リアップですが、やはり多少のデメリットは存在します。

やっぱり気になるのは副作用

リアップに含まれる成分ミノキシジルは、副作用があることで知られています。

かぶれや湿疹などの皮膚症状が主ですが、血管を広げる作用があることから循環器関連の副作用も報告されています。

再審査時の調査資料によれば、副作用の発現率は8.82%。そのうちの70%が皮膚障害で、その他心不全など重い症例も見られます。

リアップを使用して、異常を感じたらすぐに医師に相談することをおすすめします。

効果が見込めるのは壮年性脱毛症だけ

リアップのターゲットは、AGA(男性型脱毛症/別名壮年性脱毛症)です。

壮年性脱毛症は、30代後半より上の世代に多い薄毛の症状。

20~30代前半の人が発症する若年性脱毛症とは別なので、リアップの効果は若い人には出にくいでしょう。

(悲報)抜け毛を抑える成分は含まれていない

リアップの有効成分はミノキシジルのみ。あとの成分は頭皮環境保護成分です。

リアップは「発毛」を目的としているため、スカルプケアに必須といえる抜け毛を抑える成分が配合されていません。

しかし、発毛作用だけでは、AGAを抑えることが困難な場合も。フィンジアのキャピキシルのように脱毛抑制成分があると鬼に金棒なのですが。

(悲報)リアップには全額返金保証制度がない

残念ながら、リアップには全額返金保証制度がありません。

副作用を心配される方も多いでしょうから、ぜひとも欲しいところですが、通販ではないためか現状では設定されていません。

万が一、リアップを使用中に違和感があったら、病院を受診することをおすすめします。

代金には広告宣伝費が上乗せされているかも

広告の効果で知名度が高いリアップ。そのため、代金には広告宣伝費が上乗せされていると考えられます。

実は、リアップの先発薬と言われる海外製のロゲインは、ネット上では3,000円以下で売り買いされているケースも。

色々な意見があるでしょうが、リアップの値段のうち、広告費はどれくらいかなと邪推してしまいます。

以上、フィンジアとリアップ、それぞれのメリット・デメリットを検証してみました。

結局どっちを選ぶ?フィンジアとリアップ

では、これまでの比較検証を踏まえて、結論を出してみましょう。

リアップは30代後半以降の方にマッチ

リアップがターゲットとしているのは、壮年性脱毛症。

そのため30代後半以上の方にはリアップがおすすめです。

薄毛改善の効果が高く、発毛作用が期待できます。

知名度が高く、スカルプケア商品のトップシェアなので信頼性もありますね。

20~30代の若い人はフィンジアがおすすめ

若年性の脱毛には、様々な要因が考えられるため、リアップは不向きです。強力な発毛作用は心強いのですが、副作用のリスクも考える必要があります。

薄毛の初期段階であれば、他のスカルプケアも選択できるので、最初からリアップで解決しようとするのは性急かもしれませんね。

フィンジアなら、主要成分キャピキシルとピディオキシジルについて実証試験で確認済みなので安心して使えます。

育毛と脱毛抑制の両方を期待できる優れものですから、若い方はもちろん、壮年層でも使ってみる価値はありそう。

あなたがスカルプケアの相棒に選ぶのは、リアップ?それともフィンジア?

\\使用期限切れをつかみたくなければ公式サイトで//