フィンジア

フィンジア?チャップアップ?育毛効果を期待できるのはどっち!?

スカルプケア商品として人気の高いフィンジアとチャップアップ。2つの違いってご存じですか?

どちらを使うか迷っている方に、それぞれの特徴をご紹介していきましょう。

>>フィンジアの公式サイト
>>チャップアップの公式サイト

知りたい!フィンジアとチャップアップの成分

育毛剤を選ぶ時に気になるのは、成分と作用ではないでしょうか。

どのような成分がどのように作用するのか、知っておきたいですよね。

チャップアップの成分数は業界トップクラス!

チャップアップには81種類の成分が配合されています。

他のスカルプケア商品と比べて圧倒的な多さです。

その中でも大きな働きをしているのが、海藻抽出物であるM-034。

M-034には、血行を良くする働きがあり、毛髪の成長を促進して脱毛を防ぐ効果があると言われています。

また、オウゴンエキスやヒオウギエキスなどの成分は、薄毛の原因ホルモンDHTの生成を抑え、脱毛を改善する役割を持っています。

フィンジアは二つの主要成分で勝負!

フィンジアの主要成分は、二種類あります。

一つは、DHT抑制や育毛促進の役割を担うキャピキシル。

これは、複合的な働きをする上、特に育毛については、発毛薬ミノキシジルと並ぶ効果を発揮すると言われています。

もう一つの配合成分はピディオキシジル。

ピディオキシジルは、AGAの治療薬として医療認定されているミノキシジルと分子構造が似ているため、別名ミノキシジル誘導体とも呼ばれています。

また、唐辛子の辛味成分・カプサイシンも配合発汗を促し、主成分の浸透性を向上させる働きをしています。

フィンジアとチャップアップどっちが優秀?

チャップアップとフィンジア。どちらがスカルプケア商品として優れているのかは、客観的なデータで判断する必要がありますね。

つぎは、両者の実証試験や臨床試験に関する部分を見ていきましょう。

残念!チャップアップには客観的データがない!

チャップアップには、M-034以外に多くの成分が配合されていることは、すでにお話しましたよね。

チャップアップのセールスポイントといえば、豊富な成分による育毛作用。

M-034に期待できる効果として謳われているのは、ヘアサイクルの成長期を長くして、太く健康な髪を育てること。

しかし、実は、その効果についての実証・臨床試験データはありません。

その他の配合成分についても同様で、「効果があるかも」という段階のものばかり。

M-034を塗布したことで毛球が保持され、抜け毛が抑制されたとする資料が示されてはいますが、残念ながら実証試験として成立するものではないようです。

強み!フィンジアは、実証試験データが多い!

一方のフィンジアはどうでしょうか。

フィンジアには、キャピキシルやピディオキシジルが配合されていますが、どちらについても確かな実証試験データが存在しています。

キャピキシルの製造を手掛けた会社では、

キャピキシルが男性型脱毛症の原因DHTを生成する酵素・5αリダクターゼを抑制する作用を持つという研究結果を発表。

キャピキシルの構成成分であるビオカニンが持つ酵素の抑制作用を、茶カテキンと比較したデータで明示しています。

また、もう一つの主要成分であるピディオキシジルについては、海外で臨床試験が行われているほか、国内においても、フィンジアの発売元・ユーピーエスが医薬品類似の臨床試験を実施。

フィンジアを実際に使用した方の半年間の髪の密度の推移を見たところ、時間の経過に伴い、密度が高くなったことがわかっています。

また硬毛比率、毛径変化率、毛穴本数変化率といった客観的なデータに加え、頭髪画像、被験者の声も公開されています。

実証試験データの有無はやっぱり重要!

チャップアップには実証実験データがほとんど無いため、フィンジアより優れているとは言えないようです。

一方、客観的なデータが多いフィンジアなら、自分で判断しやすく、信頼度は高いですね。

医薬品のミノキシジルまでの効果は期待できないにしても、スカルプケアの心強い味方になってくれそう。効果の面では、フィンジアが優れているようです。

フィンジアとチャップアップどっちが高い?

次は、フィンジアとキャッチアップの価格を比較してみましょう。

育毛剤は継続して使い続けなければならないため、価格の差は気になるところ。

チャップアップは、1本定期の場合、7,400円で購入できます。

フィンジアは最安値で購入しても9000円なので、チャップアップの方が1,600円も安くなりますね。

フィンジアの価格が割高なのは、キャピキシルなどのプレミックス原料を配合しているため。

価格においては、キャッチアップのほうが続けやすい商品と言えそうです。

フィンジアをお安く買うにはどうすれば?

育毛にとって重要なのは継続。育毛剤を一本使っただけでは、目に見える効果は出ません。

ヘアサイクルの目安は3か月と言われているため、改善を実感するためにはそれ以上の期間使い続ける必要があるのです。

そのため、3本定期コースを使用の目安とするのも良いかもしれません。3本使い切るまで続けるという目標があると、頑張れそうですね。

最初から定期コースを注文するのは不安があるかもしれませんが、1本目を使った時点での解約も可能なので、お得に購入したい方にはおすすめです。

定期コースの価格もチャップアップのほうが、リーズナブルのようです。

チャップアップの人気が高い理由ってなに?

チャップアップはシェアトップクラスの人気商品。価格の安さだけが人気の理由というわけではないようです。

その他のメリットも見てみましょう。

チャップアップはコマーシャル上手

チャップアップは、ネット広告での露出が多く、知名度は抜群攻めの姿勢を貫いています。

イメージキャラクターには「ウルトラマン」を起用。インパクトのある出で立ちで、メディアやつり革広告など、様々な場所で大活躍していますね。

頻繁に目にすることで、信頼感や親近感が湧いてくるのは当然。コマーシャルの上手さはフィンジアより上ということですね。

業界初!全額返金保証が無期限

全額返金保証制度を設ける育毛剤が増え始めてきた昨今。

チャップアップは他に先駆けて、保証期間を無期限にしました。

業界初の永久保証を実現して、他の育毛剤に差をつけています。

ただし、永久保証は定期コース限定で、対象となるのは初回1本のみ保証期間の制限はないものの、2本目以降は保証されません。

なお、単品購入の場合は、30日間に限られています。

チャップアップは大容量なのが魅力

チャップアップは1本120ml。たっぷり使えるのがうれしいですね。

リアップやメディカルミノキ5は、1本あたり60mlなので、チャップアップの半量。これらは使いすぎを防ぐため、計量機能がついた容器に入っています。

フィンジアはさらに少なく、1本あたり50ml。スプレー式なので使った量がわかりにくく、なかなか贅沢には使えませんね。

チャップアップは成分数が81種類!

前述したように、チャップアップの成分数は業界トップクラス81種類もの成分が配合されています。

抜け毛の改善や育毛に様々な角度からアプローチできるのは、嬉しい点。

一方、フィンジアの成分数は25種類。これは一般的な育毛剤と同じくらいの数です。

もちろん、数が多いからといって効果が大きいとは言えません。大切なのは成分の中身。

フィンジアは、配合成分について明確に表示しているので安心ですね。リアップも同様。

チャップアップについては、どの成分がどれだけ配合されているのか、はっきりしていないのが不安材料のようです。

フィンジアとチャップアップの良いとこどり!

フィンジアとチャップアップ。この二つを同時に使うことはできるのでしょうか。

結論から言うと、フィンジアとチャップアップはそれぞれ目的が違うため、両者をうまく使い分けることは得策。

コストを抑えたい方にも、おすすめできます。

朝と晩で上手に使い分けて効果アップ

ほとんどの育毛剤が、朝晩2回使用することを勧めています。これは育毛剤の作用を継続させることが目的。

そこで、2種類の育毛剤を朝と夜とで使い分けることにより、効果アップを狙ってみるのはいかがでしょう。

髪の成長が進むのは、寝ている時。

そのため、夜は、髪の成長を促すキャピキシルとピディオキシジル配合のフィンジアを使用するのがおすすめ。

毛髪が成長するゴールデンタイムにフィンジアの主成分を浸透させることで、高い効果が期待できます。

一方、チャップアップの役割は、頭皮の環境改善。

そのため、朝使って、頭皮のコンディションを整え、健全な状態を維持させるのが良いのです。

朝はチャップアップ、夜はフィンジア。それぞれの作用を使い分けることで、希望の光が見えてくるかもしれません。

チャップアップを使えばお得になる!

チャップアップに比べて割高なフィンジア。これは、キャピキシル系育毛剤の欠点です。

フィンジアを最も安く買えるのは3本セットの定期コースで、1本あたり9,000円程度に抑えることができます。

しかし、これだけの額をずっと負担していくのは、結構大変。

一方のチャップアップは、1本定期であれば7,400円で購入できます。

そのため、フィンジアとチャップアップを併用すればコストカットになるのです。

トータルで見ると、1ヵ月分の費用は8,200円まで抑えられるため、800円もお得。

スカルプケアを続けるための賢い方法ですね。

フィンジアとチャップアップ選ぶならどっち?

では、併用ではなく、1本だけに賭けたい場合はどちらを選ぶべきでしょうか。

フィンジアは臨床データが豊富で信頼性あり

すでにお話したように、チャップアップには科学的な実験データがなく、その効果は口コミレベル。そのため、説得力がないのが残念なところです。

フィンジアの場合、客観的なデータが豊富なので安心して使うことができます。

リアップのように臨床試験データがある上、細胞レベルや動物実験のデータも明示されているので、信頼度が高いですね。

販売元も臨床試験を行っており、結果についてはプレスリリースとして発表しています。

育毛のベテランはフィンジアを高く評価

ネット上でも、育毛に詳しい人の多くがフィンジアの効果に期待を寄せているのがわかります。エビデンスを高評価しているんですね。

フィンジアに関するデータの信頼度は非常に高いと言えます。また、成分濃度を明示している点も評価されているようです。

キャピキシルが配合された育毛剤の効果は期待値が大きいため、フィンジアの評価も高まっていると言えるでしょう。

チャップアップはデータ不足がネック

チャップアップのネックは、データが乏しい点。

これは、真剣に育毛を考える人にとって、大きなデメリットとなってしまいます。

広告による知名度は高いのですが、やはり客観的なデータや科学的根拠がほしいところです。

結論!やっぱりフィンジアがおすすめです!

チャップアップとフィンジアは、作用が異なる育毛剤。二刀流を試してみるのも良いかもしれません。

しかし、積極的な育毛を望む方には、客観的データがあるフィンジアの方が断然おすすめです。

\\使用期限切れをつかみたくなければ公式サイトで//